自分に似合う眼鏡の選び方には、次のようなポイントが挙げられます。 ・顔の輪郭とフレームの相性を考える ・眉とフレームのラインを揃える ・顔の幅より小さいものを選ぶ ・肌の色に合うフレームカラーを選ぶ 自分の顔の輪郭と眼鏡のフレームの相性は、とても大切です。 一般的に、面長の人は縦幅が広くて太いウエリントン型との相性がいいでしょう。 三角顔の人は小ぶりで細いフレームのオーバル型、四角顔の人は縦幅が広くて太いフレームのオーバル型がオススメです。 そして、丸顔の人は縦幅が狭い細いフレームのスクエア型が似合うと言われています。 また、眉のラインと眼鏡のフレームのラインが揃っていると、自然と顔に馴染み、眼鏡を掛けていても不自然に見えません。 反対に、顔の幅よりも眼鏡が大きいものを選ぶと不自然に見えてしまいますので、必ず小さいものを選ぶようにしましょう。 それに、フレームの色選びも大切です。 通常、眼鏡のフレームの色は肌の色を基準にして選びますので、実際に眼鏡屋さんに足を運んで、色々なフレームの色を試してみるといいですね。